天才自認性強迫観念症

天才自認性強迫観念症

自分を激しく天才と自認することが原因で、無能としか思えない人間に囲まれてる状況に苛立ったり、(天才なわりに)平凡な生活を送っている自分に焦りを感じたりする症状。

才能があるのにこの症状のせいで評価を下げてるため(褒めてくれない、可愛がってくれないetc)、よけいムキになって才能を伸ばすスパイラルに入る