リテ・ラシ

リテ・ラシ

本来は読み書き能力を指すが、オレ理*1ではリテラシーを「リテ」と「ラシ」の二つに分け、

「リテ」を読み取る能力、「ラシ」をアプローチしたり働きかけたりする能力と定義する。

主にコミュニケーションにおいて使用される。

一般には前者の「リテ」の意味で用いられることが多い。

*1:主にA・S博士、というか博士だけ