Hatena::Grouporiginaltheory

自他の境界がなくなっちゃえばいいのに このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-06-15

就労2.0

02:28 | 就労2.0 - 自他の境界がなくなっちゃえばいいのに を含むブックマーク はてなブックマーク - 就労2.0 - 自他の境界がなくなっちゃえばいいのに 就労2.0 - 自他の境界がなくなっちゃえばいいのに のブックマークコメント

みんなで同時にフリーになったり、人間ひとりひとりが法人化したりして、雇用における待遇で差をつけないようにできるんじゃないかとか。

ささやかなお願い

01:58 | ささやかなお願い - 自他の境界がなくなっちゃえばいいのに を含むブックマーク はてなブックマーク - ささやかなお願い - 自他の境界がなくなっちゃえばいいのに ささやかなお願い - 自他の境界がなくなっちゃえばいいのに のブックマークコメント

正社員だからって威張ってるとすれば、それはむかつきますね。正社員として会社に在籍し、固定の給与を得ることは、人間の生得の権利ではありません。

ワープア可哀想(笑)、ご愁傷様(笑)、ご冥福を云々(笑)、全部上から目線ですね。盛者/生者の驕り。誰かが誰かを見下す態度、現代社会を生きる上で、これは仕方ない。あ、なんとなく勃起しちゃった。

格差、このままじゃマズいんじゃないか。改めてそうお感じになった正社員の方々、いらっしゃるかもしれません。「あいつらの待遇良くしてやれよ」と。

そういう考えの方は、残念ながら状況を理解していらっしゃらない。可哀想だから引き上げてやれ、助けてやれ。自分の血を流す覚悟もなくそう主張していらっしゃるとしたら、ただ「可哀想な人々を救うべきだ」という台詞を口にしたいだけの、親切な人物の役を演じたい残念な人にしか見えません。

それに「可哀想な人々を救うべきだ」と口にしてしまうと、そのことに満足してしまいますよね。「自分の役目は果たした」なんて思ってしまう。何か事件が起こったときに「私は以前から指摘していたのだ」なんて言ってみたり。そういう美しい心、たまんないです。フル勃起します。

知っておいていただきたいのは、「待遇良くしてやれよ」と言うくらいで待遇良くなるんだったら、とっくにそうなっててもおかしくないってことです。

正社員のあなたが幸せな暮らしをしていること、それ自体はすばらしいことです。誰にも邪魔する権利はない。ただ、その暮らしを守ってゆくならば、非正規雇用の人々を救うことはできない。彼らを現状以上に楽にすることは、諦めなければならない。正社員のあなたは、あなたの暮らしを守るためには、負け組のやつらに「頼む、苦しんでくれ」と言うべきなのです。いつまでも、いい子のままではいられないんです。だから、「可哀想な人々を救うべきだ」なんて言わないでほしい。

それでもなんとかして救う道はないのか? そう考える奇特な正社員の方もいらっしゃるかもしれません。そのためにはどうするか。あなたの正社員という肩書きを放棄してください。全員が日雇いになれば、平等です。それができないのであれば、偽善を吐くことを謹んでください。

ヒルズ族の私からの、ささやかなお願いです。

トラックバック - http://originaltheory.g.hatena.ne.jp/extramegane/20080615